スポンサーリンク

毎日王冠と京都大賞典の穴馬はこれ

スポンサーリンク
毎日王冠と京都大賞典 今週の予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日王冠

09 ダノンキングリー 1.9
03 アエロリット 3.7
04 インディチャンプ 4.9
06 ペルシアンナイト 10.5
02 ギベオン 17.8
10 モズアスコット 20.2
01 ケイアイノーテック 29.4
05 ランフォザローゼス 60.4
07 マイネルファンロン 90.7
08 ハッピーグリン 91.4
前日オッズはこんな感じ。

スポンサーリンク

毎日王冠の見立て

このレース、かなり心理戦が働く。

東京は、開幕週で早い。
アエロリットは、昨年の勝ち馬。
このレースでも1:44台が出てもおかしくない。
いや、その展開に持ってかなくては、この馬の良さがでない。

そこで予想を立てた場合、
このレース、1:44台の決着で勝ちに行っていい馬が何頭いるか?
ということ。

先に目標のある馬は、ここで超絶タイムで無理をして勝ちたくない。
無理をせずに勝ちたいのが本音。

特にダノンキングリーは、そのクチ。
逆にメンバーを眺めると、ここが勝負という人気馬はアエロリットしかいない。
アエロリットの場合、この後の適鞍がない。

となれば、確勝を期すレースをするだろう。
ただ、ここで大きな問題。
鞍上津村。
ただ単に速い逃げでは、ここでは勝てない。
相手に脚を使わせる逃げがデキるか?
相手が付き合ってくれなけば意味がない。

となれば、硬い決着のようで、多少の波乱の目があると考える。

スポンサーリンク

毎日王冠;本命

本命はギベオン。
右回りより左回り。
ディープ産駒。
鳴尾記念の4着、負け方もいい。
人気がないなら、この馬が馬券に絡み、中波乱位を狙いたい。

相手は、マイルに戻るダノンキングリー。
強いとは思わないが、レースが上手いのは事実。
アエロリット、ケイアイノーテック、インディチャンプ、ペルシアンナイト、モズアスコットへ強弱をつけて

スポンサーリンク

京都大賞典

16 グローリーヴェイズ 2.2
06 エタリオウ 4.9
07 エアウィンザー 6.7
10 シルヴァンシャー 10.3
14 ダンビュライト 13.2
09 ノーブルマーズ 16.2
08 ウラヌスチャーム 18.7
04 クリンチャー 28.4
11 アドマイヤジャスタ 30.9
05 パリンジェネシス 45.5
15 レノヴァール 56.7
13 メートルダール 76.2
01 ドレッドノータス 81.2
12 リッジマン 89.1
03 アルバート 111.4
02 チェスナットコート 116.0
17 ウインテンダネス 178.8
人気はこんな感じ。

グローリーヴェイズ が抜けた人気。
現役最強の1勝馬エタリオウが続く。

スポンサーリンク

京都大賞典の見立て

久しぶりに多頭数となった京都大賞典。
ただ、ペースは緩そう・・・。

となれば、枠とポジション、開幕週の馬場を活かせる馬が穴になる。

さらに、グローリーヴェイズは、天皇賞(春)、3200mからの短縮。
踏み遅れは十分ある。

エタリオウにしても、個人的にここ2走の凡走が気になる。

となれば、穴馬から勝負をかけたい

スポンサーリンク

京都大賞典:本命馬

本命はノーブルマーズ。

前走小倉記念3着馬なのに・・。
なぜが穴人気の5番人気。

とはいえ、距離延長を苦にしなく、開幕週の最内。
ペースが緩そうなので、うちで死んだふりでサクっと抜け出す競馬でいいだろう。

相手は、エアウィンザー。
エアウィンザーは初距離だが、戦績から距離延長を苦にしないタイプ。
唯一の牝馬ウラヌスチャームも期待。

馬券は広めに。

スポンサーリンク

京都大賞典・毎日王冠以外のレース

実は、土曜日馬場読みを見ながらレースを見ていたが、面白そうなレースがなかった。

東京
12R トークフレンドリー

のみ、

あとは、ツィッターで。