スポンサーリンク

競馬予想について

スポンサーリンク
競馬予想 独り言
スポンサーリンク

実は、2か月ほど前から予想における比重を変えている。

今までは、
馬場読みを中心に、

  • ローテーション
  • 血統
  • 馬の癖

などで予想をしてきたが、
この場合の弱点は、

  • 馬場読みができない場合
  • 馬場読みが難しい場合

選定レースが絞れない、さらに、明後日の予想になってしまうことが多々ありました。

もちろん、万馬券、大穴を狙うスタンスなので、
明後日の予想になっても、痛くもかゆくもありませんが、自分の中で納得いない部分が多かったのも事実です。

そこで、馬場読みの比重を避け、馬の癖をベースに予想スタンスを変えたのが、ここ2カ月です。

これによって、毎週、それなりに大きな馬券が取れるようになっただけでなく、地方の競馬にも手をだせるようになりました。

地方競馬の場合、基本的にダート。

さらにレース条件がすくないため、
同条件、メンバー構成がそれほど変わらないレースも多々あります。

距離延長、距離短縮、芝からダートなど、中央より条件変わりが少ない地方では、馬場読みでは予想は立てにくいのですが、馬の癖は各馬もっているので結構穴馬が見つかります。

今回、このブログを書いたのも、知り合いから、
「予想スタンス変えた?」
っと質問があったからなのですが、今日少し時間ができたのも合わせて書いてみました。

馬の癖って何?

私が長年競馬をしてきて、衝撃を得た予想家さんが双馬毅さんという人です。

面識もないもないですが彼の本を読んで、条件代わりの馬の能力発揮を実感しました。

条件代わりによる

  • 血統の覚醒
  • ローテーションの覚醒
  • 気持ちの変化

などなど・・・。

そこに
血統の良し悪しをプラスし予想をしていますが、考えることは多すぎて、一時期迷走していたこともあります。

個人的に競馬予想はシンプルが一番だと思っています。

  • この馬は強いから本命
  • 前回不利を受け、今回条件があるから穴馬
  • 前走は論外、だから今回は大穴

シンプルに理由の言える馬を
それが大本命だろうと大穴だろうとピックアップすることが、仮にその馬が来なくても、後悔なく次に進めると感じています。

私の場合、

  • 人気馬に怪しい馬がいる。
  • 面白い穴馬がいる。

のレースに焦点をあてるのは変わりませんが、
その穴馬を馬場によるローテーションではなく、癖によるローテーションに変えたのが今です。

今週は、
3日間開催ですが、台風で4日間開催が決定。

馬場読みも重要になりますが、馬の癖中心で4日間戦いたいと思います。

では。