共同通信杯と京都記念:堅く収まるか?

京都記念
06 レイデオロ 1.4
05 モズカッチャン 4.9
10 アルアイン 9.1
07 クロコスミア 12.7
04 クリンチャー 13.5
03 ディアドラ 17.2
09 ミッキーロケット 25.6
01 プリメラアスール 135.7
02 ケントオー 152.3
08 アクションスター 306.6

こんな人気。
結論から言えばレイデオロは断トツ強い!

馬場が重でもこの血統ならまず、崩れないだろう。

問題の相手だが、
少しひねってクリンチャーにした。
前に言ってしぶとく粘る競馬が、今の馬場を含めてあっている。
目標が先かもしれないが、目標より実を取りに来たかんじ。

ディアドラ、モズカッチャンの2頭の牝馬、ハービンジャーだし落とす要素はないし、アルラインも軽視できないが・・・。
粋のいい4歳馬が上位を独占するとみている。

 

共同通信杯
12 グレイル 1.6
09 ステイフーリッシュ 4.9
01 サトノソルタス 6.8
10 ゴーフォザサミット 7.3
06 オウケンムーン 16.3
03 アメリカンワールド 19.9
02 カフジバンガード 43.7
07 ブラゾンダムール 59.7
05 コスモイグナーツ 98.1
04 エイムアンドエンド 106.3
11 リュウノユキナ 193.0
08 トッカータ 354.2
コチラは難解。

2戦2勝のグレイルが断トツの1番人気。
当初、切りたいと思っていたが、京都2歳Sで破った馬のその後を見るとここは素直に評価したい。
逆に、2番人気のステイフーリッシュを軽視したい。
というのも、前走のホープフルSで本命にしたが、これは血統的に合ってたからで今回は逆に人気なだけに軽視。

ということで相手はカフジバンガード。
この馬、1600mからの距離延長であるが、実績を見れば、距離延長が得意の馬。
カフジバンガード 距離適性
7番人気なので、そこそこおいしい・・。

 

その他のレースとして
京都は芝・ダートともに距離短縮思考。
ダートに関しては、そこそこガサもほしい。