スポンサーリンク

宝塚記念の穴馬:6月28日

スポンサーリンク
6月27日の穴馬 今週の予想
スポンサーリンク

宝塚記念2020

05 サートゥルナーリア 2.8
11 ラッキーライラック 5.1
16 クロノジェネシス 5.3
18 ブラストワンピース 7.4
03 グローリーヴェイズ 8.4
14 キセキ 14.4
07 ワグネリアン 16.2
15 スティッフェリオ 42.6
17 カデナ 51.1
13 ダンビュライト 52.4
01 トーセンカンビーナ 53.6
12 モズベッロ 82.3
02 ペルシアンナイト 92.1
08 レッドジェニアル 92.4
06 トーセンスーリヤ 96.8
10 メイショウテンゲン 150.9
04 アフリカンゴールド 231.1
09 アドマイヤアルバ 359.1

前日オッズは、こんな感じだけど、
上位拮抗ってかんじですね。

スポンサーリンク

宝塚記念2020:ポイントは馬場

今年の阪神芝。
例年に比べれば、傷みは少ないかもしれないけど、雨の影響は受けそう。

現実的に、土曜日の競馬を見ても、
勝ち時計は標準レベルだけど、上りはかかる・パワーを要するイメージ。

そこに雨で馬場は悪くなれば、本命馬・穴馬の選定も変わる。

スポンサーリンク

宝塚記念2020:各馬紹介

トーセンカンビーナ

藤岡康から浜中に変更
これは、かなりのアドバンテージ。

グローリーヴェイズ

休み明けは気になるが、香港の競馬を見ると、甘くは見れない。

馬場もメジロ系だけにあう。

サートゥルナーリア

1番人気。
前走は相手が弱いと言っても強かったし、上り35秒台の競馬は強い。

軽く扱うことはできない。

ワグネリアン

馬場次第では、本命にしたかった馬。

前走の大阪杯は完全に脚を残している。

福永も勝負師入りしているし、ジャパンCのようにある程度前に行くだろうから、7番人気ならそれなりにおいしい。

レッドジェニアル

大穴ならこの馬。

重馬場は強そうだし、前走、復調の兆しも。

ラッキーライラック

この馬のクセは、何度も書くが距離延長時。
今回は距離延長。

ただ、父オルフェーヴルだけど馬場はパンパンの良の方がいいタイプ。

キセキ

出遅れクセや調子イマイチなど言われながらも、有馬記念、阪神大賞典、天皇賞春、大きくは負けていない。

今回のポイントはスタート。

スタートを決めて、豊さんが厳しい展開を演出するか?

スティッフェリオ

穴候補ならコレ

なんか、急激に成長していない?

父ステイゴールドを彷彿とさせる血の開花のにおい

ブラストワンピース

馬場ならこの馬にも向くが、悪くなりすぎるとでかい馬だけにマイナス。

ただ上がり35秒後半のレースになるだろうから、この馬も軽視できない。

スポンサーリンク

宝塚記念2020:本命馬

本命は、クロノジェネシス。

秋華賞もそうだけど、馬場適正はこの中でトップ。

大阪杯も外枠の不利がありながら、2着に来たわけで、今回、馬場の後押しがあれば、2,3馬身ラッキーライラックには先着できるとみている。

スポンサーリンク

宝塚記念2020:以外のレース

6月28日の馬場見立て

東京ダート

基本的に、上りの脚を使える馬が有利と見ています。

東京芝

血統的に重い血統。
ヨーロッパ系の血統は必須。

阪神ダート

クセなし

阪神芝

上がりの脚があるのは必須。
ただ、33秒台の脚では馬券に絡めない、若干ズブメの馬

函館 ダート

クセなし

函館 芝

前残り傾向

6月28日の穴馬

東京芝中心に
3R ボウイッシュ
4R コスモレペティール、ロッソビアンコ、エキスパート
8R サペラヴィ
10R ゴールドスミス、ロザムール、ロライマ
11R ボンセルヴィーソ、アマルフィコースト、アンリミット、グランドロワ