ジャパンカップ:キタサンブラックを軽視するワケ

ジャパンカップですね。
個人的には、かなり勝率のいいレースです。

今年はどう考えればいいでしょうか?

とりあえず、オッズは
04 キタサンブラック 2.3
02 レイデオロ 3.4
12 サトノクラウン 5.6
08 ソウルスターリング 10.8
11 マカヒキ 12.3
01 シュヴァルグラン 19.8
13 シャケトラ 37.9
09 レインボーライン 48.9
03 ギニョール 56.7
14 アイダホ 75.5
16 ヤマカツエース 91.8
05 サウンズオブアース 101.9
06 イキートス 103.5
15 ワンアンドオンリー 184.6
17 ラストインパクト 215.5
10 ブームタイム 258.7
07 ディサイファ 358.6
な感じ。

今年のジャパンカップを考えるとき、天皇賞の馬場は無視できません。

個人的には、サトノクラウンに関しては、今回お客さん的に考えています。

そして、タイトルにある、キタサンブラックも軽視しています。

この馬、天皇賞の出遅れを無視できません。
前回は出遅れたとはいえ、内を他馬が懸念したため、ポジションを取れましたが、今回出遅れたとなれば、挽回のチャンスは難しいでしょう。
そもそも、スタートにクセのある馬を豊さんが上手に操っていただけに、2.3倍ということであれば、無印とはいかくとも軽視したいと思います。

本命は、 マカヒキ
ディープ産駒を素直に評価。
前走は馬場には苦労したとはいえ、復調途上だっただけに今回の良馬場は精神的にかなりのプラスがあると思われる。

対抗は、レイデオロ。
どこからでもいける3歳馬。
成長力も合わせて、キタサンブラックより上としたい。

シュヴァルグランが3番手

穴はヤマカツエース

ということで。