スポンサーリンク

チャンピオンズCの考え方:能力差をどう読むか?

スポンサーリンク
チャンピオンズC 2019 今週の予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

チャンピオンズC 2019

2019年のチャンピオンズC、各路線から集まっていることもあるが、意外と難しい。

オッズは
05 クリソベリル 3.1
11 ゴールドドリーム 4.0
04 インティ 5.9
06 オメガパフューム 6.2
03 チュウワウィザード 8.1
09 サトノティターン 19.3
08 ウェスタールンド 21.3
01 タイムフライヤー 28.5
07 ワンダーリーデル 38.6
16 ヴェンジェンス 39.1
13 ワイドファラオ 48.5
02 モズアトラクション 85.8
12 キングズガード 130.0
15 ロンドンタウン 173.0
10 ミツバ 191.3
14 テーオーエナジー 346.2
こんな感じ。

10倍以下の5頭の順位付け今回のポイントとなりそう。

スポンサーリンク

チャンピオンズC 2019:上位5頭

05 クリソベリル

無敗の3歳馬、クリソベリル。
ローテーション的には、問題ないし、3歳55キロも有利。

ただ、ここまで勝った相手が

  • ヴァイトブリック:3勝クラスで頭打ち
  • デルマルーヴル:浦和記念でケイティブレイブ0.8差、今年勝ち星なし
  • ロンドンタウン:今年勝ち星なし

もちろん着差をつけて勝っているし伸びしろもある。
とはいえ、一線級とは戦っていないのは事実。

11 ゴールドドリーム

一昨年のチャンピオンズCの勝ち馬。
今年もフェブラリーステークスで2着と崩れていない。
前走はもたもたしたが、距離延長を苦にしないし、スタートまともならルメールだし、買いやすい馬であるのも事実。

04 インティ

今年のフェブラリーSの勝ち馬。
それ以降、歯車が崩れ、前走は軽視しその通りの結果となった。
今回は逃げるだろうが、一時期の勢いがないようにも感じる。
思いっきり逃げて、気持ちよく走らせることができるか?

06 オメガパフューム

距離延長が得意な馬が今回は短縮ローテ。
デットーリがどんな乗り方をするか?

03 チュウワウィザード

馬券圏内から1度も外したことのない堅実馬。
今回は得意の距離短縮。
オメガパフュームに2回先着しているだけに能力的にも一線級。

5頭比較

パドックを見て、各馬のチェックは必要だが

  • 能力的にはゴールドドリーム。
  • 馬券的にはオメガパフューム。

クリソベリルの取捨はパドックなどを確認してから。

スポンサーリンク

チャンピオンズC 2019:穴馬

このレース、8番人気あたりの馬がよく来る。
ただ、理由付けはそれほど難しくない。
その意味で今年の穴馬を2頭

ワンダーリーデル

ワンダーリーデルは1800m初めてなので基本的に買えない馬。
しかし、ここにきてかなり成長が感じられる。
そもそも、距離短縮に実績があった馬が、ここにきて距離延長を苦にしなくなった。
前走も脚もいいものだったし、穴馬というより、本命候補

ウェスタールンド

昨年の2着馬が長期休み明けで結果を出し、同距離でこのレースへ。
距離短縮でない以上、無視できない。

スポンサーリンク

チャンピオンズC 2019:買い方

チュウワウィザードを軸に穴馬2頭へ。
上位人気馬を厚めの3連単フォーメーション。

スポンサーリンク

チャンピオンズC 2019以外のレース

阪神
1R タガノコットン
10R アルジャーノン
12R ラホーヤノキセキ

中山
2R ディーエスプルーフ
9R ニシオボヌール
10R ジェミニズ
11R カルヴァリオ

中京
2R ホマレ

おまけ

土曜日はステイヤーズS
11番人気のエイシンクリックを本命に3連単ゲットしました。

たまにメッセージをいただく方から、
なぜ、本命にできたのか?
質問が来たので、おまけとして紹介したいと思います。

数少ない長距離レースを狙う場合、馬の癖が非常に活用できます。

惜しくも4着でしたが、菊花賞でも16番人気のディバインフォースを本命にしました。

ディバインフォース

ディバインフォースの戦歴を見ると
https://db.netkeiba.com/horse/2016104291/
距離延長時に連に絡んでいます。

エイシンクリック

https://db.netkeiba.com/horse/2014103040
今回のエイシンクリックを見ると
この馬も、距離延長時に馬券に絡んでいるのが分かります。

馬は、走るレースの距離が分からないため、前走や前々走のイメージをもとにレースに臨みます。

実際には、もう少し細かい観点も見ていますが、

  • 距離短縮好き
  • 距離延長好き

という癖を戦歴から読むことができたわけです。