スポンサーリンク

有馬記念2019の本命は?今年の有馬記念は10秒で決着する!アーモンドアイは怪しい??

スポンサーリンク
有馬記念2019 今週の予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

有馬記念2019

前日オッズは
09 アーモンドアイ 1.7
06 リスグラシュー 7.7
10 サートゥルナーリア 7.7
07 ワールドプレミア 11.4
05 フィエールマン 14.4
02 スワーヴリチャード 18.6
08 レイデオロ 22.2
11 キセキ 25.6
14 ヴェロックス 25.8
03 エタリオウ 70.3
15 アエロリット 84.2
01 スカーレットカラー 84.2
16 シュヴァルグラン 98.2
04 スティッフェリオ 103.0
13 アルアイン 114.0
12 クロコスミア 143.0

アーモンドアイ一強は疑う余地はないでしょう。

スポンサーリンク

有馬記念2019 各馬紹介

スワーヴリチャード

内枠で脚を溜める競馬が得意だけに、マーフィーマジックに期待

エタリオウ

典さんの連続騎乗で穴人気タイプですが、頭打ちの感あり

スティッフェリオ

エタリオウ同様、ステイゴールド産駒。
このメンバーでは厳しいだろう。

リスグラシュー

G1連勝中ですが、そのレースのメンバーに疑問。
2番人気なら軽視したい

ワールドプレミア

有馬と相性のいい菊花賞組。
抑えまで

キセキ

調子がどうなのか?
中山はどうなのか?

ヴェロックス

3歳馬ならワールドプレミアよりこちら。
距離短縮はプラスだし、まくり競馬もできる。

スポンサーリンク

有馬記念2019の狙い方

今年は、過去を見てもかなりのメンバーがそろった。

というより、アーモンドアイの参戦でかなり盛り上がるレースとなった。

他陣営からすれば、おいおいという感じかもしれませんが、私は、アーモンドアイを疑っています。

というのが、展開とジョッキー。

一般的に有馬記念、枠順が肝になるといわれます。

なんで枠が重要なのか?
真剣に考えたことがあるのでしょうか?

ジョッキーの中で、内枠有利の神髄が分かっている人は何人いるでしょうか?

私の中で今年の有馬記念で、それが分かっているのは1・2人しかいないと感じています。

今年の展開

今年の枠順を見ると
キセキ、クロコスミア、アエロリットが外枠になりました。

これが意味するもの。

3頭とも前に行きたい。

さらに言えば、

  • アエロリットは逃げたい
  • クロコスミアは3番手以内で競馬をしたい
  • キセキ、先行して4角先頭の競馬をしたい

ということで、外から確実に押してくることになります。

どうな展開になるの?

キセキ、クロコスミア、アエロリットの3頭が、スタートから脚を使う以上、

8番から外の枠の各馬の位置取りは難しくなる、これが私の見解です。

そうアーモンドアイ、サートゥルナーリアの2頭もいいところで競馬をしたいと思っているでしょうが、かなり難しい競馬を強いられるというのが私の見解です。

もちろん、どちらも強いので、結果的に上位に来るかもしれませんが、もっと有利な馬を本命に買いたいというのが私の有馬の考え方になります。

スポンサーリンク

有馬記念、内枠の馬何を買えばいいの?

内枠に入った馬陣営はラッキーだと思っているでしょう。

しかし、その内枠を生かせるか?
それはジョッキー次第。

今年の有馬記念は10秒で決着する!

これが私の見解です。

外から3頭が来るのはわかっている以上、
内枠の馬は、スタートして最初のコーナーまでに先頭にいれば、必然的に3頭、もしくは2頭に抜かれ、好位で競馬ができるでしょう。

別に2列目が有利というわけではありません。

内枠を活かして自分の取りたいポジションを取るためには、その思考が必要だということ。

内でもたもたしていては外から馬に来られ、イニシアティブが取れないということ。

これが分かっているジョッキーはいるのか?

有馬記念は池添

昨年のブラストワンピースをはじめオルフェーヴル、ドリームジャーニーで結果を出している池添ジョッキー。

昨年のブラストワンピース、差して勝ったのは事実ですが、
スタート10秒後のポジションは実は5番目に位置しています。

まず、押してそこから自分の取りたいポジションを取るのが、有馬記念の池添ジョッキーのスタイルなのです。

逆に、オルフェーヴル、ドリームジャーニーの時は、出遅れにも動じず、まくり競馬を意識した位置取りと意図がはっきりしています。

そして今年の枠は5番。
スタートしてそれなりに押して自分の取りたい位置で競馬をするでしょう。

隣のスティッフェリオは押して行くでしょうから、さらにプラスに働くでしょう。

ある意味で、安心して見ていられるのがフィエールマンということで本命フィエールマンです。

スポンサーリンク

有馬記念2019、結論

今年は、スタートして10秒。
最初のコーナーの前に、どのようなポジション争いになるのか?

ということで、
本命は先に挙げたフィエールマン。

相手はマーフィーのスワーヴリチャード

アーモンドアイ、ヴェロックスまでが重い印。

スポンサーリンク

有馬記念以外のレース

中山
3R マイネルチューダ
7R セイカヤマノ
8R ブラックモリオン
9R クリッパー
10R ジャスパープリンス

阪神
1R ジョーコレット