平成最後の重賞 新潟大賞典:何かおかしい前日予想

平成最後の重賞 新潟大賞典 今週の予想
スポンサーリンク

平成最後の重賞 新潟大賞典

06 ロシュフォール 3.0
01 ミッキースワロー 5.8
16 ルックトゥワイス 6.6
15 メールドグラース 12.0
07 アストラエンブレム 12.7
05 メートルダール 13.4
08 ブラックスピネル 13.9
13 クリノヤマトノオー 14.9
03 ランガディア 20.2
10 エアアンセム 27.1
09 サンデーウィザード 31.7
02 ショウナンバッハ 35.3
04 スズカデヴィアス 38.9
12 アウトライアーズ 53.1
11 ダッシングブレイズ 56.3
14 ドレッドノータス 80.0
前日予想は、こんな感じ。

スポンサーリンク

新潟大賞典:平成最後の重賞各馬紹介 

ミッキースワロー

エンジンのかかりが遅い馬が、新潟をどう攻略するか?
直線が長いが、脚の使い方が難しいのが新潟

スズカデヴィアス

昨年の勝ち馬:スズカデヴィアス
そのイマイチの成績だが、G2戦、相手関係もあったのも事実

メートルダール

年明けのAJCCでシャケトラ・フィエールマンと僅差の3着。
ここでの実績上位は間違いない

ロシュフォール

明け4歳馬、条件クラスを勝って、ここで抜けた1番人気。
ルメール鞍上もプラスなのだろうが、ここまで人気だと嫌いたくなる

ブラックスピネル

頭打ちだと思われた白富士Sで逃げ切り勝ち、まだまだ相手関係次第では結果を出せるのを実証した。

エアアンセム

昨年、函館記念に勝ち、福島記念で3着。
ただ、新潟が向くか??というと微妙

ルックトゥワイス

日経新春杯でグローリーヴェイズの2着。
新潟で走っているが、距離短縮はプラスなのか?

スポンサーリンク

新潟大賞典の狙い方:平成最後・令和前の重賞

新潟大賞典を考える時に、重要視したいのは実績や能力より、新潟コースとの相性。
また、新潟のクセを騎乗で活かせるか?そのジョッキーの腕。

ハンデ戦ということだが、各馬を見ると、別段ハンデに恵まれた馬もいない。

更にいれば、メンバーを見渡すとどの馬が走ってもおかしくない感じも。

思い切って大振りしたいレース。

スポンサーリンク

新潟大賞典の本命馬

本命はアストラエンブレム。
開幕週だけに内枠の馬を狙いたいだけに新潟巧者のこの馬が適任。

相手はメートルダール。
この馬の新潟巧者。
本命でもいいが、前走の負け方が好きじゃない。

もう1頭
スズカデヴィアス。
本来は、本命にしたい馬。
人気は12番人気だし、おいしいが藤岡康だけにこの馬は本命に出来ない。
本当に藤岡康は下手すぎる。

基本的に、ロシュフォールも軽視できないが、好位からきれいに抜け出し、呑まれるイメージも。

スポンサーリンク

新潟大賞典 買い目

アストラエンブレム、メートルダール軸の馬連で広め。
これを抑えに

アストラエンブレム軸
メートルダール・スズカデヴィアス 相手
広めのヒモの3連系で。