スポンサーリンク

1月20日 AJCC :第59回アメリカジョッキークラブC(4歳上・GII・芝2200m)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカジョッキークラブCのポイントは、新旧交代ということだろう。
現状の人気はこんな感じ。
03 ミッキースワロー 2.6
05 ゴールドアクター 3.0
07 ダンビュライト 4.0
01 レジェンドセラー 7.5
08 ショウナンバッハ 16.0
11 トーセンビクトリー 28.0
02 トミケンスラーヴァ 48.1
06 ディサイファ 65.4
09 マイネルミラノ 75.0
04 シホウ 120.6
10 マイネルディーン 226.7

 

有馬記念価値のあるゴールドアクター
VS
レジェンドセラー、ミッキースワロー、ダンビュライト

の4歳馬。

基本的には4歳馬を狙いたいところということで、ダンビュライトを軸候補にしたい。

ミッキーに関しては、一番期待できるかもしれないが、本番は先、調教等を見ると態勢は整ったというレベルだけに、大幅馬体重増がレースにどう影響するか?
パドックを見てからとしたいところ。

レジェンドセラーに関しては、
上がり馬として、上位3頭の一角崩しもありえるが、ちょっと人気ありすぎかな?

ゴールドヘイローは、
血統的には一番合いそうだし、ポン掛けも効くので軽視できないが、配当を考えると元取り程度で考えたい。

 

穴馬は、トーセンビクトリー。
有馬記念からのローテがプラスに働くか?はわからないが、距離短縮はこの馬にとってプラス。

 

 

東海S
08 テイエムジンソク 1.2
09 ディアデルレイ 7.9
10 オールマンリバー 16.3
12 ドラゴンバローズ 19.7
01 ローズプリンスダム 28.1
15 クインズサターン 31.8
03 モルトベーネ 37.0
07 タガノエスプレッソ 45.4
11 アスカノロマン 52.8
02 シャイニービーム 62.5
14 ゴールデンバローズ 66.6
05 サンマルデューク 94.0
04 サルサディオーネ 95.7
06 コスモカナディアン 98.5
13 サングラス 128.6
16 ショウナンアポロン 298.9
人気はこんな感じ。

テイエムジンソクには逆らえないだろう。
相手を探すレースとなりそう。

クインズサターン(6番人気)を対抗に。
というか、堅い決着になりそうだが、しいて挙げるとすれば、テイエムが前の馬を掃除した後から無欲の追い込みで突っ込んでくるこの馬。

 

【株の話】
年末に紹介したモリテックは、見事2倍になり、手仕舞いしました。

続いて3か月くらいの倍を狙いたい銘柄を紹介します。

明豊エンタープライズ
金曜の株価は、412。
場が閉じたあとIRが出て、月曜は少し上げるとおもうが、430そこそこまでだと思う。

この会社、下のようなサービスを始める。

明豊エンタープライズは、不動産小口化事業に参入する。「M-Lots(エム・ロット)」というブランドで展開し、第1弾として東京都世田谷区の新築アパートを対象とし、2月上旬から募集を開始する。同社は価格が2億~3億円のアパートを供給し、主に1棟単位で購入できる富裕層向け事業を展開してきたが、今回のプロジェクトでは500万円から投資できるようにする。これにより「不動産投資を身近なものとして、顧客層の裾野を広げていく」(梅木隆宏社長)考えだ

一口馬主のアパート版みたいなもの。
手軽にアパートオーナーになれるだけでなく、立地を考えても投資価値は大きく、これ自体も株を押し上げるための要素になるはず。
この会社の場合、ミハスというブランドが徐々に浸透しており、このミハスというアパートブランドのデザインが今時のインスタ栄えするような建物であるため、入居率もかなり計算できる。

1000突破を中期で期待ので紹介しておこう。