スポンサーリンク

エリザベス女王杯は世代間の見極めでいいのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

土曜日は、ツィッターで3レース予想し、見事3レースとも
ピックアップした馬が馬券に絡んでくれました。

この調子で日曜も、大爆発といきたいところです。

エリザベス女王杯の前に
東京
3R ボンテン
7R ピサノベルベット ジェイケイライジン

エリザベス女王杯予想
今年のエリザベス女王杯は、例年と少し違う気がする。
3歳馬の位置づけが低い。

春の段階では今年の牝馬は豊作だ!
といわれる時期があった。

もちろん、ソウルスターリングの存在が大きく、この馬が秋、結果を出せていないことが大きな要因で、このレースでも、
っと思ったら、
11 ディアドラ 7.1
05 モズカッチャン 8.2
06 リスグラシュー 11.9
いちよ評価されていた。

人気順はこんな感じ。
16 ヴィブロス 2.9
17 ルージュバック 6.0
11 ディアドラ 7.1
05 モズカッチャン 8.2
10 ミッキークイーン 8.5
12 スマートレイアー 11.3
06 リスグラシュー 11.9
07 クイーンズリング 16.8
04 クロコスミア 27.0
13 ジュールポレール 27.7
03 トーセンビクトリー 86.7
15 マキシマムドパリ 89.6
09 デンコウアンジュ 99.8
01 クインズミラーグロ 125.9
18 エテルナミノル 138.6
14 ウキヨノカゼ 172.8
08 タッチングスピーチ 175.1
02 ハッピーユニバンス 210.8

その前に
写真週刊誌「FRIDAY」がスクープした競馬の武豊騎手(48)とタレントの小浦愛(26)との路上キス写真を取り上げたほうがいいかな?

まぁ、これはいいかぁ。

で、エリザベス女王杯本命は、
人気だけどルージュバック。
この馬、1600m、2000mより、1800m、2200mで結果を出すタイプ。

相手は、 モズカッチャン。
この馬、前走の秋華賞で一番強い競馬をし、個人的には重より良で活躍できるタイプ。

スマートレイアーも距離短縮を得意としているだけに、本来は本命にしたいところ・・・。
ただ、豊じゃないかなら3番手。

穴は、クインズミラーグロ。