春天・・・どっちかを切りたい・・・

春の天皇賞
キタサンブラック、サトノダイヤモンド 2強対決という感じですね。

どっちかを切りたいというのが本心。

過去の歴史から、ワンツー考えられない。

と考えたら・・・・。

本命はシュヴァルグラン。

前走の負け方がいい。

先に仕掛けてサトノダイヤモンドに差されたけど、脚を図った感じもしたし、本番の福永は着を取りに来るパターンが考えれるので馬券としてこの馬を本命。

次がサトノダイヤモンド。
今回も有馬同様、早めにキタサンブラックに並んでいくだろう。

ブライアンとトップガンの伝説の阪神大賞典みたいなレースも考えられるけど、キタサンブラックどうかなぁ~。

毎回、この馬の強さを認識させられるけど、今回は軽視。

トーセンバジル、 アルバートが穴。

ただ、勝負はほかのレース
京都6R ショウサングランド
京都10R シゲルベンガルトラ グッドヒューマー

で。