ブックメーカー;凱旋門賞の馬券、オルフェーヴルか?キズナか?



前哨戦フォワ賞を完勝したオルフェーブル。
大阪杯以来だけあって少し心配したが、一気に払拭、そして確実のロンシャンの馬場に向きであることも改めて実証。
本番が待ち遠しくなった。

もう一頭
キズナ。
ロンシャンの馬場、環境など初物尽くしを克服し、出来に関しては本当に85点だったのか?分からないがこちらも、最後の直線で叩きあいになるほど、武豊も追っていなかっただけに、前哨戦として、高パフォーマンス、そして勝利しニエル賞の勝ち馬として名を残した。

前哨戦で2頭が勝利したことで、本番が待ち遠しくなったのは間違いない。
日本馬2頭が、上位人気で凱旋門本番を向けることになるだけに、日本馬初勝利も期待したくなる。

では、どちらが勝利するか?
個人的には、キズナに期待したい。

3歳有利な斤量、本番に直結するといわれるニエル賞の勝利、そして、前哨戦のレース内容。
まだまだ、のりしろがある。
そして、オルフェーヴルの強さ、そして雪辱の思いは、キズナに逆にプラスに運ぶと考えられる。

オルフェーヴルをマークし、直線抜け出したオルフェを徹底的に追いまくれる。
レースシミュレーションが固まっているという利点もある。

もちろん、オルフェーヴルの方が、人気も上だし実績も上。
彼が勝つとすれば、内ラチ好位で脚をため、直線抜け出すレースが出来れば、完勝まであるだろう。

キズナはまだ、若い。
内で脚をためるのはストレスになりかねない。

しかし、オルフェは、逆にそれが少ない。
そして、経済コースを取れる分、例年の勝ち馬にダブルものがある。


昨年のような、大外から差して勝つというのは、このレース本当に少ない。
オルフェの昨年のパフォーマンス、一瞬ダンシングブレーヴを思い出したが結果、抜け切れなかった。

もちろん、キズナが同じ大外一気では不利に映るが、マークする、追いかける馬がオルフェであれば、叩き合う相手として不足なしと見れる。

いずれにしても、本番が楽しみである。


もう1つの楽しみは、ブックメーカーでの単勝購入。


そして、私が登録したのは、
世界的にも浸透しているブックメーカーのウィリアムヒル社。
 
登録方法から、購入方法、お金の受け取り方法まで日本語マニュアルがあり、もちろん、日本語ページで対応されている。
 

ブックメーカーのウィリアムヒル社

ブックメーカーのウィリアムヒル社




 
まずは、サイトを確認してみてください。
 
登録に関してですが、ブックメーカーへの登録は簡単です。日本語です。
大事なのは決済なのですが、こちらも日本語マニュアルもありますので、容易に登録可能だと思います。
 
今はまだ、日本人がブックメーカーでの購入を行っていないため、おいしいオッズがかなりあります。
よって、登録は今がオススメでしょう。
 

 
ウィリアムヒル ホームページ(日本語)

 
 登録方法、購入方法マニュアルはこちら

フェイスブック;もうすぐ300いいね!です!

facebook限定の予想も始めます!
いいね!のご協力お願いします!




ページ上部に戻る